夏になりました。

港区赤坂で、自律神経調整専門の鍼灸治療をしています、パナケア赤坂院の院長の飯田です。

こんにちは。

一気に夏になってしまいました。

七月はずっと涼しかったので、

いきなりこの暑さには身体がびっくりしてしまいますね。

 

急激な気温の上昇に自律神経の働きがついていかないと、

いろんな症状が出てきます。

 

寝違えたりギックリ腰になったり、筋肉がツレてしまう。

 

食欲が急に落ちてします。

 

身体がだるくて、うまく動かない感じがする。

 

これは自律神経の自己調節機能がうまく働かず、

身体が本来の性能を発揮できない状態なのです。

 

では、どうすればいいのか?!

 

こういう時は少し塩分を多めに取り(水分もしっかり補給しながら)、

思い切って少し厚めのお風呂にじっくり使ってあげてください。

 

どっと汗が出てきたら、◎。

 

夏は自律神経の働きによって、汗をかこうとします。

しかし冷房などでその働きを邪魔していると、

自律神経はどうしたらいいのかわからなくなり、

働きが落ちてしまって様々な症状が出てしまうのです。

 

こういう時はしっかり汗をかいて、

余分な水分を外に出してあげてください。

 

これでかなり身体が軽くなるはずです。

 

それでも体調に不安がる時は、

ぜひ当院の自律神経調整の鍼灸治療をお試しください。

 

この夏も、

元気に乗り切っていきましょう!

 

 

ご相談、ご予約 📲

03-6459-1533