ストレートネック

6d2de2851c039ce7f2adf41e9a5c2de1_s

ストレートネックは症状の原因ではなく、筋肉の過緊張による一結果に過ぎません。
適切な鍼灸治療で、治癒していきます。

ストレートネックとは頸椎の湾曲が無くなってしまい、真っ直ぐになってしまうこと。
本来頸椎は、緩やかな前湾のカーブを作っています。

首に強い不快感、痛みを感じ、めまいや腕に痺れを感じたりすることがあると、多くの方が整形外科に行きレントゲンなどを撮ります。
そこで「ストレートネックです」などと診断されるのですが、このときに首の症状の原因はストレートネックにあると思い込みがちですが、これは間違いです。

ストレートネックという状態が先にあるのではなく、筋肉が緊張することで、結果的にストレートネックになるのです。

生まれつきではありません。
治らないものでもありません。

頸椎周囲の筋肉を緩めていけば生理的湾曲は取り戻せるし同時に首周りの不快な症状も緩解します。

首は、頸椎というブロック状の骨が七つ重なっています。
ちょうどだるま落としの胴体の部分のように、臼状の椎体が縦に重なっているのです。
頸椎は複雑な形をしており、胸椎へあるいは肩の方へ、鎖骨の方へといろいろな方向に筋肉で連結されています。

この頸椎についている筋肉群の緊張が強くなりすぎると頸椎そのものを強く引っ張ってしまい、本来緩やかな前湾を形成している首の生理的湾曲が失われてしまいます。

頸椎が真っ直ぐになる=ストレートネックの状態になるのと、筋肉の緊張、どちらが原因かと言うと、筋肉の緊張が原因、ストレートネックはその結果に過ぎないのです。

ですので、
頚部の筋肉の緊張を解消すれば、ストレートネックも改善し、同時に首に感じている不快感や痛みからも解放されます。

ただ頸椎の筋肉は脳神経支配を受けるものもあるので、局所の筋肉のマッサージ、鍼灸だけでは緩解しないケースが多いです。

脳をリラックスさせ、副交感神経を刺激することで初めて、頸椎周囲の筋肉は持続的に緩解していきます。

そのために、パナケア赤坂院の鍼灸治療は二段構えの治療をしていきます。

頸椎周囲、肩関節周囲の、頸椎の前湾の形成に関係する筋肉を、指圧、整体法で緩めていきます。
局所の筋肉だけではなく、動きの中で連動する関連筋も刺激していくことが重要なのです。
頸椎周囲の筋肉はもちろん、肩の三角筋、大胸筋、肩甲骨の筋肉なども治療の対象になります。

そして自律神経の副交感神経(リラックス系)を刺激するために鍼灸治療を用い、全身、脳をリラックスさせていきます。
このことで脳神経支配を受ける頸椎の筋肉も持続的に緩み、ストレートネックから解放されやすくなります。

セルフケアとしては、まずリラックスすることを心がけること。
そして動かすことで強い痛みが出なければ、上下左右にゆっくり動かし、首の可動域ぎりぎりの運動をソフトにすることです。
このときに頸椎だけではなく、胸椎、腰痛から丁寧にねじるようなストレッチをするのも効果的です。

頸椎にヘルニアなどがあっても、頸椎周囲の筋肉が緩むことで上肢の痺れや冷感が解消されることが多いので、首の症状が強い方は一度ご相談ください。

注意:
運動により痛みが増す場合は、運動を控え安静にしてください。
血圧が異常に高い方で頚部の緊張が強い方は、医療機関を受診してください。
腫れるような触っただけでも痛い痛みがある場合は、医療機関を受診してください。